インプラントをする際の注意点【失敗を防ぐには】

インプラントをする際の注意点【失敗を防ぐには】

治療

インプラントの名医を探そう

矯正歯科よりもインプラントの方が失敗例が多くあるとされているので、京都で歯医者を探しているなら評判のいい病院に行くべきです。しかし、通院生活を余儀なくされるので、あおなみ線などが通る駅が近かったり、バス停があったりする病院を選択するといいかもしれません。

断られる場合もある

インプラントは、顎の骨にボルトを打ち込んだり、人工歯根を入れるなどの施術をしなくてはならないので、骨が細いと施術をすることができません。そのため、断ることもあるでしょう。しかし、それでも強引に進めてくるような医師は藪医者と言えるので、京都の別の病院をあたってみると良いです。

期間が長い

人によって異なりますが、インプラント治療は早くて3カ月で済む場合もあれば、遅くて半年から一年はかかる場合もあります。ですので、京都の医師にどのくらいの期間がかかるのか尋ねておいた方が良いでしょう。通院のことも踏まえてから治療にとりかかるべきです。

インプラント治療の利点TOP5

no.1

手入れが不要

入れ歯だと寝る前に専用の液体に付けて汚れを取らなければなりませんが、インプラントですと歯磨きをするだけで汚れを落とすことができるので、手間がかからないのです。面倒くさがりさんにぴったりと言えるでしょう。

no.2

何でも食べられる

食事が好きな方にとっては食べ物を噛むことができないと楽しみを見出すことができません。しかし、インプラントであれば生野菜やおかきなど硬い食べ物でも口にすることができるので、試す価値はあると言えるでしょう。

no.3

健康な歯を残せる

ブリッジをするためには歯を削ったり、抜いたりしなければなりませんでした。また、部分的に入れるとしても金具で止めるので、そこから虫歯が発生することがありました。インプラントなら健康な歯を削ることなく施術が可能です。

no.4

見て目が綺麗

歯が抜けたままの状態になっていると見た目が美しいとは到底言えませんが、インプラントを埋めることによって美しさを維持することができるでしょう。ですので、施術に臨む方が年々増えているのです。

no.5

寿命が長い

決められた時期にメンテナンスをきちんとしていれば最低でも10年、長くて40年以上は交換することがありません。長い目でみるとお財布にも体にも痛手にならないので、こういった結果になっていると言えるでしょう。